【スマブラSP】格ゲー苦手の初心者が2ヶ月で逆VIPからVIP部屋までいった方法

今スマブラSPが盛り上がってるよね。

2019年4月現在、世界で1380万本売れてて、国内でも300万本以上売れてるんだとさ。

俺も子供の頃以来にスマブラを買ってみたけど、難しいよねこれ。あまりにも勝てなさすぎた。

300万本も売れてるんだし、同じように勝てなさすぎワロタって思ってる人、多いんじゃないかな。

そんなスマブラSPで下手糞すぎて悩んでいる人へ、逆VIP安定だった超下手糞の俺がVIPまでいった方法を書いてみたので、ぜひ読んでみてほしい。

スマブラが上手い人たちからすると大げさな内容だなとか、VIP底辺が偉そうに解説するなとか思われそうだが、ゲームがド下手な人や今作からちゃんとやってみた同じようなおっさんプレイヤーなんかには、共感してもらえる内容だと思う。

プロよりもちょっと上手いくらいの素人のアドバイスの方が刺さったりすることはある。

VIP部屋とは、世界戦闘力(オンラインレート)が高いプレイヤーのみが入れる部屋で、プロデューサーいわくVIPに入れたらスマブラが上手いと言っていいらしい。ちなみにプレイヤー人口の上位3%くらいと言われている。
逆VIPとは、世界戦闘力10万未満くらいの勝っても負けても変動がほとんどなくなる、魔の最底辺レート帯の通称。

世界戦闘力が1ヶ月以上逆VIPだった男

まずは俺がどれくらい格ゲー苦手かどうかをお話したい。

俺の格ゲー下手遍歴

  • 子供の頃に友達とちょいちょいやってたスマブラ(64とDX)ではかなり弱い方だった
  • 大人になってゲーセンで格ゲーに手を出してみるも、1勝もできず心折れる
  • スマブラSP発売で久しぶりにスマブラをやってみるも、CPUにもなかなか勝てない
  • なんとか時間をかけて全キャラ出してオンラインデビューしてみるも、1ヶ月以上世界戦闘力が4万~9万らへんの逆VIP安定

こんなレベル。

格ゲーだけでなくシューティングもアクションもパズルも苦手だし、ゲーム自体が苦手なんだけどね。

そんな俺だが、レート最底辺である“逆VIP”から抜け出せないことがあまりにも悔しかったので、そのあと2ヶ月間本気でスマブラに取り組んだ。

その結果、4月の後半、戦闘力447万まで上げて無事VIP部屋入りすることができた。プレイ時間で言うとスマブラを始めてから200時間強。

1ヶ月間も戦闘力4万~9万の最底辺層で、いい歳してガチキッズたちと復帰もおぼつかない最低レベルの戦いを繰り広げていたこの俺がだ。4万台ってマジで尋常じゃない低さだからねw

つまり、本気で取り組めばVIPには誰でもいけるということ。

それではここからは具体的なVIPへのいきかたを解説していく。

初心者でも勝てるキャラを使おう

ドリャー!

まず、初心者や下手糞が本気でVIPに入りたいと思ったとき、キャラ(ファイター)選びが重要。

いろいろな特長を持ったキャラがいるので、その中でも初心者が使っても勝てるキャラを使おう。

具体的に言うと、いわゆる最上位キャラではなく、キャラ性能を簡単に押し付けられるキャラだ。

キャラ愛も良いことだが、初心者や格ゲー苦手な人が弱キャラでVIPに入るのは至難の業と言える。

押し付けの強い、初心者でも勝てるキャラ例

  • ガノン →スマッシュぶっぱしてるだけでわりと勝てる
  • クラウド →上Bと横B振ってるだけでわりと勝てる
  • アイク →空N振り続けてなんか繋げとけばわりと勝てる
  • ウルフ →ブラスター撒いてスマッシュぶっぱしてればわりと勝てる
  • ゼルダ →脳死B技連打でわりと勝てる
  • ネス →PKファイヤー連打と適当な空中技か後ろ投げでわりと勝てる
  • クッパ →B技と空中技振ってるだけでわりと勝てる
  • デデデ →ゴルドー撒いてりゃわりと勝てる

このへんはある程度慣れて強い技を振っておけば、VIPボーダー(VIPにギリギリ入れないくらいのレート帯)未満までなら下手でもそこそこ勝てちゃう。実際どれもオンラインでの使用率が高い。

特に個人的におすすめなのはガノンとゼルダ。

この2キャラはVIPボーダー未満のレート帯だと、ガノンならスマッシュしてるだけ、ゼルダならB技してるだけでマジで勝てる。

事実として、VIPボーダー帯でマッチングするガノンですら脳死ドリャー連打ばっかりだし、ゼルダもAボタン縛ってるのかな?ってくらいB技しか撃たないのばっかり。

つまり、複雑な操作を一切しないゴミムーブワンパターンでも勝てちゃうということだ。ラグにも強いぞ!ちなみにガノンはVIPでの使用率No.1らしい。

まあそれで通用するのはボーダー未満までだけどね。マッチング運次第では脳死B技連打でVIPに行けたりもするっぽいが、さすがに安定しないはず。ボーダー帯でガノンとゼルダにマッチングしたらワンパすぎて負けることはほとんどなかったし…。

押し付けの強い技で脳死プレイをしているだけでは、いわゆる「スマブラ力」と呼ばれるスマブラ自体の実力は付きづらい。VIPに入るには多少のスマブラ力は磨く必要があるだろう。

逆に言えば初心者のうちは上記のワンパターン戦法キャラにボコボコにされるので、動画などを見て対策はしっかりとしよう。

ちなみに俺はクラウドを使ってVIPにいけた。ある程度まではB技と空後ブンブンで余裕。嫌われてるけど。

強いけど難しいキャラは避けた方がいいかも

初心者の場合、性能が強くても使いこなすのが難しいキャラは避けた方がいい。

考えて使っていけばスマブラ力は間違いなく上がるが、しばらくは全然勝てなくて心が折れるかもしれない。

最上位クラスだけど使いこなすのが難しいキャラ例

  • ピーチ(デイジー)
  • ピチュー
  • ピクミン&オリマー
  • ゲッコウガ
  • フォックス
  • ルキナ(マルス)

このへんはキャラ性能は最強クラスだが、その性能をしっかりと引き出すのは難しい。脳死技がほとんどないし。

つまり下手糞が使っても弱いということ。ワンパでは絶対VIPにいけない。

スマブラの動画や配信を徹底的に見よう

今は良い時代でして、このようにスマブラの上位プレイヤーがYouTubeとかでスマブラの動画投稿や生配信をしてくれてる。

そういったスマブラのプレイ動画や配信を徹底的に見よう。これは誰でもできる上達の近道。

上級者の人のキャラ対策動画や立ち回り解説動画、自分と同じキャラをメインにしている上級者のプレイ動画などがあまりにも参考になる。

たとえば俺がメインで使っているクラウドなら、まさしさんやよっシィさんあたり。共に大会などで実績を残している強豪クラウド使いで、この2人の動画や配信がなかったらVIPにはいけなかったかもしれん。

負け試合のリプレイ動画を残そう

リプレイ動画をなるべく残そう。特に負け試合。これは最初の頃やってなくて一番後悔していることだ。

なぜ負けたのか?こうすれば勝てたんじゃないか?

と、負けたリプレイ動画を見返すことによって自分の立ち回りの反省と改善ができる。

上手い人のプレイ動画と見比べてみるのも良いだろう。明らかにここが違う!ってわかるはず。

トレーニングモードで練習は必要か?

トレモで出したいコンボやテクニックの練習をひたすらするというのも上達方法の一つなのだが、低レート帯のガチ初心者のうちはやらない方がいいと思う。

なぜなら楽しくないから。そんなことしてたら虚しくなったり嫌になってスマブラ自体辞めそう。俺はしばらくやらなかった。

VIPボーダー帯で一進一退の日々を送るようになってからはちょっとやったかな。

各レート帯のなんとなくの壁

VIP未満の全てのレート帯を経験している俺から言わせると、各レート帯である程度フワッとした壁があると思っている。

各レート帯のなんとなくの壁

  • 逆VIP →変動が少ないためガチ初心者がハマると抜け出すのが大変。
  • 10万~200万くらい →オンラインデビューの人が多く逆VIPより弱い。変動幅も大きいのですぐに抜き去れる。
  • 200万~300万くらい →慣れてる人ばっかり。コンボや復帰阻止もガンガンしてくるように。基本的なテクニックを徹底しないと勝てない。
  • 300万~400万 →強い人が増えてきてワンパが通用しなくなってくる。読み合いのシーンも増え、考えて立ち回らないと勝てない。
  • 400万~VIPボーダー →各キャラの知識・対策が必須。細かいテクニックも覚えて実戦で使えるようにならないと勝てない。

初心者の俺が感じた壁として、2019年4月後半時点ではこんな感じかなあ。

SP初期の頃からVIPに行ってる人からすると大げさだろと思われるかもしれないが、初期の頃と比べると全体的なユーザーのレベルは相当上がっていると思われる。

抜けるのが一番大変だったのはボーダー帯。VIP落ちの人がたくさんいるからみんな強い。

基本的なテクニックやコンボはもちろん、ある程度難しいテクニックも身につけないと厳しい。各キャラの理解を深めて対策も必須。

あとボーダー帯は切断が一番多かったのでそれもしんどかった。

こちらが勝った瞬間に切断をされると戦闘力が上がらず、された側は一方的に損なのだ。切断されたらしっかり通報しよう。

その次に大変なのは逆VIPかなあ。レートの変動幅が小さいため、かなり連勝しないと抜けられない。200万くらいの実力にならないとサクッとは抜けられない。

まあでも戦闘力は目安にすぎない。

戦闘力400万のマックを3タテした次のマッチングで300万のマックに3タテされたことがあるし、戦闘力400万くらいのときになぜか9万のプリンとマッチングして完璧な復帰阻止や眠るでボコボコにされたこともある。

成長を実感できるとスマブラは楽しい!

このスマブラとかいうゲーム、勝てないとつまんないし売りたくなるけど、だんだんと勝てるようになってきて成長を実感できるとめちゃくちゃ楽しい。

勝てないと精神も時間を磨り減るからすぐに諦めてやめるのもありだと思うけど、諦めないで本気でやってみれば、新しい世界が見えてくるよ。

VIPに入るくらいならセンスは関係ない。絶望的にセンスのない俺がいけたんだから。考えてやれば勝てる。多少時間はかかるけどね。

このゲーム、リプレイ動画機能がすごい良くて、過去の自分の動きと今の自分の動きが別人すぎてめっちゃおもろいのよ。

気持ちよく勝ったときのリプレイ動画とか見返すのも最高。いわゆるオナリプってやつ。

VIP上位はまた別世界!

VIP上位にいきたいと思ったら、おそらくさらに数倍、もしかしたら10倍20倍以上の時間がかかるかもしれない。というか一生行けない気しかしない。

当然だ。VIP上位プレイヤーの多くは過去作からガチで取り組んできた人たち。

スマブラで生計を立てているプロゲーマー、YouTube配信で視聴者を魅了している人、大会常連の人、20年前の初代からやり続けている古参、そんな猛者の集まりがVIP上位。もはや遊びではない。

しかもスマブラプレイヤーとしては間違いなく高齢である俺からすると、10代や20歳そこそこのプレイヤーには反射神経、動体視力、集中力などが明らかに劣ってるだろうw

なのでVIP下位にねじ込めただけでも正直上出来だと思ってる。よくやった俺。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする