「ビンゴギャラクシー」ガチ勢が語る魅力と攻略法と未来

ビンゴギャラクシーというSEGAのメダルゲームをご存知だろうか。

まあこんな記事までたどりつく人なら全員知っているだろうが一応説明すると、小さなボールを使った大型のビンゴゲームだ。

ナビゲーターの子安氏の台詞が特徴的。詳しいルールなどはwikipediaを見てくれ。

BINGO GALAXY – Wikipedia

俺はこのビンゴギャラクシーを愛してやまない。稼動当初からやっているので、歴はもう10年以上になる。

本当におもしろいゲームで、10年経った今でも不定期的にやりたくなり、ふらっとゲーセンに足を運ぶ。

そんなビンゴギャラクシーについて語ってみる。

ビンゴギャラクシーの魅力

ビンゴギャラクシーの魅力はなんと言ってもほどよい戦略性と運のバランス、そして上手くいったときや高配当ゲーム時の興奮だ。

シンプルなルールだが奥が深く、他の大型機と違って演出はクソ地味だが、低BETからでも万枚オーバーの当たりが普通に出る。

各数字にボールが入る確率が一定じゃないのが良いんだよな。アニマとかは多分全部同じだからそのへんの考える要素があまりない。

そして配られたカードやフィーチャーを使っていかに当てるか、これを考えてるときの楽しさが異常。まあボロ負けしてるときや回収モード時はストレスがマッハだが。

狙った数字にボールがスポっと吸い込まれていったときの興奮、ミラクルで思わぬ高配当が出たときの興奮、ボーナスゲームやライドゲームで一発逆転できたときの興奮。もうどれも最高。

具体的な例をあげると、想定していないところに入ってSUPERLINEの4スポットビンゴとか、フィーチャーが絡んだミラクルで5ラインビンゴとか、リターン連発でのボーナスゲーム全達成とか、脳汁出ちゃうよね。

もちろん不満な点もたくさんあるし、10年以上前のゲームなので、改善してほしい粗も多い。

まあいくら文章で書いたところでおもしろさは伝わらないだろうから、興味のある人は実際にプレイするか、YouTubeでも見てほしい。

ビンゴギャラクシーの攻略法

1000ライド(3倍)

ビンゴギャラクシーは商業用の普通のメダルゲームなので、基本的には運ゲー。

当たりはずれはペイアウト率で管理されていて、ボールの動きも発射タイミングや角度などである程度操作されている(と思う)ので、上手いから勝ち続けられるとかはない。

しかし、ある程度の定石なやり方があり、知識と経験による技術介入の余地も多少はある。

調べれば他のサイトやブログなんかでも書かれていることなので、すっごいざっくりした俺的攻略法を紹介しようと思う。

俺的攻略法

  • ライドゲームはなるべくやる・死ぬまでやる(BET上限を超える当たりは戻ってくるから・なお上限が1000じゃない台はほどよくやめるべしw)
  • ボーナスゲームはなるべく狙う・赤成功報酬が9999枚になるまでBET(低ベッターでも現実的に万枚が狙えるから)
  • 10BETした時点で四隅に21~25を置かないように動かす(4DIAMOND対策)
  • 通常ゲーム時、4ダイア・5スポットなどの重いフィーチャーが点灯したらBETを止める(あんまオッズ上がらんから・ハイベッターは除く)
  • 設定の良し悪しや放出期回収期を、オッズの上昇具合、カラーボール出現率、フィーチャーの点灯具合、ルーレットチャンスの発生具合、ライドゲームの倍率などから見抜く(極悪時はできればやらない)

このへんをちゃんとやれば、何も考えずにやるよりは最終的な勝率が大幅に上がると思う。

特に4DIAMOND対策は意外とやってる人が少ないが、重要だ。

21~25が四隅にある状態で4ダイアが付いたら動かせないわビンゴしにくいわで最悪だろう?

もっと言うと、21~25を4ダイアで「動かせる場所」と「四隅を除いた動かせない場所」にほどよく素早く配置できるとなお良い。

4ダイアはBONUSFREEが成立して3球時点で4つ埋まってると、場所によっては大変カオスなことになるが、制限時間内に最善を尽くせるように慣れよう。思考停止はもったいない。

ライドは死ぬまでやる…は異論もあると思う。でもライドが一番割り良いからな。3スポットビンゴの最低でも1.5倍だし。

あと、預けメダルがたくさんある人は基本的にハイベットした方がいい。フィーチャーがない通常ゲームなんてクソゲーだから。

関東でビンゴギャラクシーができるゲーセン・設置店舗

5年くらい前までは広めのゲーセンなら結構どこにでもあったビンゴギャラクシーだが、稼動から10年以上経った現在、新作の大型マシンたちに場所を取られ、すっかり珍しいマシンとなってしまった。都会ではマジで見かけなくなった。

というわけで実際に2018年内に自分の足で行ったことがあり、ビンゴギャラクシーの存在を確認した関東のゲーセンのみを一応記しておく。

ビンゴギャラクシーファンは参考にしてみてほしい。

なんか基本的にウェアハウス系列はビンゴギャラクシーをやたら持ってるっぽい。

他に知っている人はぜひコメントしてほしい。さすがにこれだけってことはないと思うし。

・アドアーズ橋本店(神奈川)

備考:アドアーズなので整備・清掃はされているが、設定は酷いかも。

・ベネクス越谷店(埼玉)

備考:2018年現在、ルーレットチャンスが常時3倍!常連にハイベッターが多いっぽい。筐体が汚い。

・ウェアハウス川崎店(神奈川)

備考:プレイ人口少なめ。

・ウェアハウス保木間店(東京)

備考:ちっちゃめのゲーセンだけどルーレットチャンス3倍dayをよくやってるっぽい。

・ウェアハウス草加店(埼玉)

備考:バンクから直接メダルを送れる機械が全サテライトについてる!アドアーズにほとんどなくなった今、これは貴重。

・ウェアハウス上尾店(埼玉)

備考:通常メダルの手動入れオンリーなのでだるい。

・ウェアハウス岩槻店(埼玉)

備考:通常メダルの手動入れオンリーなのでだるい。

東京は壊滅的だが埼玉はまだ結構あるって感じかな。

神奈川は最近はあんまりない。千葉は遠くて全然行かないからわからん。

北関東はまだ結構あるイメージ。ゲーセンが広いからかな。

ビンゴギャラクシーの次回作や未来

この記事を書いている今現在、ビンゴギャラクシーがリリースされてから11年になる。

シリーズで考えると25年以上になるのかな?旧作はビンゴパレードをやったことがある程度なのでわからんが。

そんなSEGAのビンゴシリーズだが、次回作が出る気配は当然ないし、まあ間違いなく出ないだろう。

でもSEGA…いやSEGA様よ、本当にビンゴギャラクシーの次回作を出してほしい(´;ω;`)

ビンゴギャラクシーが置いてあるゲーセンに行けば、いつでも一人や二人くらいはプレイしている。土日なら全サテライト埋まってるときだってある。

リリースから10年以上経った今でも、ビンゴギャラクシーは愛されているんだ。

いやわかってるよ。メダルゲーム業界がオワコンだってことは。全国的にゲーセンがガンガン閉店してるってことも知っている。

今から莫大なお金をかけて大型メダルゲームの新作を出したって儲からないだろうことは俺でも想像つく。

しかし、ビンゴギャラクシーを長年愛し、それなりのお金をぶっこんできた1ユーザーとしては次回作、やりたかった…。

このままいけば、もう10年後くらいにはビンゴギャラクシーは全滅しているだろう。メダルゲーム自体なくなってるかもだけどw

アニマロッタやカラコロッタはがんばってるけどさ、似てるようで全然違うジャンルなんだよなあれは。

アニマを否定してるわけじゃないけど、俺はビンゴゲームはこのSEGAのシリーズが好きなんだ。

俺が大金持ちだったら、お金全部出してSEGAに依頼して次回作作ってもらうレベル。

くそおお続編やりてえええ。

追記:よく調べたら「ビンゴドロップ」っていう正統な続編が2012年にSEGAから出てた…出てたけど、見たことも聞いたこともねえwww
いったいどこにあるんだ??察するにおもしろくないんだろうけど、気になる…。
でもビンギャラリリースから5年で出てて、今も一応SEGAからメダルゲームの新作は出てることを考えるとワンチャンあるなこれ。
ビンゴギャラクシーをそのままグレードアップしたようなマシン頼むううう。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする