スポンサーリンク

沼袋の中華料理屋「宝来軒」が居づらすぎてワロタw

食べログで中野周辺の中華料理屋について調べていて、たまたま見つけたこの沼袋にある「宝来軒」というお店。

「中野のレビュワーは何をやってんだか」

「中野の有形文化財」

「入りにくさエリアNo.1」

などなど、やたら目を引くレビューが投稿されていた。

写真を見る限り普通の中華料理屋だが、いったい何がそんなにすごいのか。気になったので、足を運んでみた。

まず外から見ると、本当に営業しているのかどうかわからない。たしかに入りにくい。

勇気を出して扉を開ける。

「…いらっしゃい」

元気のないおじいさんが迎えてくれる。もう一人元気のないおばあさんもいる。歳は二人とも70代くらいだろうか。

客はおらず、店内はテレビもラジオもついておらず、老夫婦店員の二人も全く喋らないため、静寂に包まれていた。

客なし、音なし、元気なし、狭い、暗い…正直かなり居心地が悪いw

これまでたくさんの古い個人定食屋などを見てきたが、ここまで無音で雰囲気の暗いお店は初めてだw

しかし入店してしまった以上、注文をするしかない。無難そうなラーメンセット(700円)を注文する。

「…はい」

元気がない。二人の会話もないし、淡々かつゆっくりと準備をしている。大丈夫だろうか。

しばし待つ。料理の音も餃子の焼く音が聞こえてくるくらいで、本当に静かだ…。

しばらくしてラーメンと餃子、ライスと漬物がやってくる。雰囲気的にとても写真は撮れなかった。気になる方は食べログでチェックしてほしい。

ラーメンは薄めの昔ながらの中華そばって感じだ。特別美味しくはない。餃子はサイズが大きく、中身もぎっしり詰まっていて、結構美味かった。

しかし本当に静かすぎて食べづらい。店内も狭いし暗いし、おじいさんとおばあさんも終始無言だし、本当に居づらい。

さっさと食べ終え、700円を手渡しして店を出る。おじいさんの方が何度も「ありがとー」と言ってくるので、こちらも何度も「ごちそうさまでした」と返す。

餃子は美味しかったしコスパも悪くないが、まあリピートはないかな…。

全て個人の感想です。食の好みは人それぞれなので、参考程度にしてください。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする