中野駅前のステーキ屋「ガッツグリル」のワンコインランチのコスパが異常

タイトルが「の」だらけになってしまって見苦しいが許してほしい。

中野にあるガッツグリルというお店が、マジでワンコインでステーキを提供してくれるので、それをなんとかタイトルに詰め込んで伝えたかった。

ガッツグリルは元々新宿にあるステーキ屋で、飲食店の激戦区である新宿にも関わらず、それなりに評判の良いお店だ。新宿店には行ったことないが、予約無しだと入れなかったりするんだとか。

そんなガッツグリルが中野駅から徒歩1分ほどのところにもあり、相変わらずのニートタイム(ランチタイム)に行ってみた。

13時頃に入店。店内はガラガラだった。新宿店で実績があり、かつ中野駅前という好立地でなんでこんなにガラガラなんだろう?と不思議だったが、後日また行ったときは混んでいたので、たまたまだったのだろう。

ランチメニューはステーキからハンバーグ、チキンまでかなり豊富に用意されており、やはり目を惹くのが500円のカットステーキプレートだ。

ライスとスープ付きのステーキが500円なんてあまりにも魅力的すぎる。いったんどんなゴミみたいな肉なのか、それともめちゃくちゃ量が少ないのか。

早速ワンコインのカットステーキプレートを注文し、セルフのスープを入れてきて待機。

ちょっと待つとすぐにステーキがやってくる。早い…!

やってきたのは普通に美味しそうなステーキ。全然量も少なくない。すげえ!

特徴的なご飯の盛り方だ。早速テーブルに用意されているガーリックと醤油をかけて食べる。

普通に美味い。マジで500円でいいのか。ありがてえ。

あっという間に食べ終え、なかなか味の濃いスープを飲み干し、会計へ。

本当に500円ぽっきり。税込みで500円なので、500円玉を出して終了だった。

ワンコインを謳っている店で会計をすると、500円に消費税を上乗せされて全然ワンコインじゃない『ワンコイン詐欺』に遭うことはよくあるのだが、ここは本当にワンコインだった。

大変満足したので、このワンコインステーキがある限り、週1くらいで行ってしまうかもしれん。

後日ニートタイムに再訪し、今度はワンコインステーキではなく、弾丸ステーキを注文。

美味かったが、ワンコインの方と大きな差は感じなかったw

ちなみに、ここのご飯を大盛りにすると本当に多いので、注意されたし。俺は苦しみながらなんとか食いきったw

追記:2018年8月現在、500円のワンコインステーキはなくなったっぽい。残念。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする