スポンサーリンク

中野の家系ラーメン「二代目武道家」は全家系の中でもトップクラスに味が濃い

横浜生まれの俺にとって、家系ラーメンはソウルフードと言っても過言ではない。

子供の頃から父親に連れて行ってもらっていて、おっさんに片足突っ込んでいる現在、メジャーな家系ラーメンはほとんど制覇している。

家系ラーメンというのは横浜発祥なため、主に店は神奈川県に多く、有名店もだいたい神奈川県内だ。

しかし、東京の家系ラーメンもかなり美味いところがいくつかある。

賛否はあるが、代表的な美味い東京の家系ラーメンと言えば、二代目武道家があげられる。

とにかく味が濃い、超こってりの家系ラーメン

二代目武道家は中野と早稲田にある家系ラーメンで、どちらも評価が高い。

早稲田店には行ったことがないが、中野店には結構な回数通っている。ここは本当に美味い。

スープはそこまでドロドロはしていないが、とにかく味が濃い。そこが俺好みだ。

家系や二郎系、つけ麺などで濃い味に慣れきってしまっている味覚障害の俺でも、文句無しに毎回濃いと感じる。

俺は毎回濃いめで頼んでいるが、初見の人は味は普通で頼むことをおすすめする。

似たようなラーメン屋として武蔵家と比べられがちだが、俺は武道家の方が好きだ。もちろん武蔵家も好きだが。

標準でついてくるほうれん草、チャーシュー、のりなども、毎回しっかりと入っていてケチくさくない。

50円で買えるライス(昼間は無料)は必須。炭水化物コンビで体にはめちゃくちゃ悪いが、この超濃い味のスープに合うのだ。

しかも、ライスは無限におかわり可能。カウンターに置かれているきゅうりのQちゃんみたいなやつも食べ放題だ。幸せすぎる。

誇張抜きで、二代目武道家では男性客でライスを頼まない人を見たことがないレベル。

武道家系列はまずいと感じる人も多い

家系ラーメンにはいろいろな系統がある。

直系・本家などと呼ばれる吉村家系。そこからさらに六角家系、寿々喜家系などに派生していく。

この武道家系(正確にはたかさご家という系譜)は直系とは別のオリジナルの系譜で、直系とは全く違う作りをしている。

とにかく味が濃く、スープも直系と比べたらドロドロしているので、ハマる人にはハマるが、直系好きの人には全くハマらないことも多い。

そのため、武道家系は賛否がかなり分かれる家系ラーメンと言える。よく一緒にラーメン開拓をする俺の友人は家系好きだが、武道家は全く刺さらなかった。

店内は明るく綺麗で、女性の一人客でも問題ない

家系ラーメン屋というのは美味いまずいに関係なく、汚くて暗い雰囲気の店が多い。たいてい店員の愛想もちょっと悪い。

俺は全く気にしないが、なかなか女性の一人客やカップル客は入りにくい。かわいそうである。

しかし、二代目武道家の少なくとも中野店は、女性の一人客でも問題なく入店していい。

店内は明るく綺麗で、店員も常時数人いて全員愛想が良い。ほどよい愛想の良さだ。

武蔵家なんかは店舗によっては店員がフレンドリーすぎてずっと客と喋ってたり、明るさを履き違えてるのかやたら叫んでてうるさいところがあるからな。

というわけで、中野の二代目武道家は老若男女問わず濃い味好きの人にはかなりおすすめのラーメンだ。

10時半~2時まで定休日無しで営業しており、時間帯によっては結構並ぶこともあるので注意。と言っても一人客がメインのラーメン屋なので、回転は早い。

中野駅の駅近にあり、電車でのアクセスがしやすい。車で行く場合は、近くの郵便局の通りに安めの時間貸し駐車場がいくつかあるので、夜はそこを利用するといい。昼間ならマルイの駐車場もありだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする