松屋が底辺客ラッシュで地獄絵図だった話

俺は一人暮らし男性の味方である松屋を愛している。

いや、松のや・松乃家も愛しているため、松屋グループを愛していると言った方が正しいか。

  • 生活リズムがめちゃくちゃニートにも優しい24時間営業
  • なるべく人と喋りたくないニートにも優しい食券システム
  • 油ギトギトのジャンキー定食メニュー

どれをとっても素晴らしい。三大牛丼チェーンでは松屋がダントツで好きだ。

しかし、こういった安い牛丼チェーンにはどうしても質の低い客が集まってくるので、そいつらに遭遇してしまうと、最悪だ。

これは先日昼間に遭遇した底辺客ラッシュのお話。

食券機が使えないジジイ

松屋に通っている人なら間違いなくこの『食券機を使えないくせに食券機からどかない年寄り』が後ろに行列を作っている場面に何度も遭遇したことがあるだろう。

使い方がわからないなら、とりあえず並んでる人間に譲ってあとから操作するのが普通であり、常識だ。しかし譲ってる年寄りを今のところ見たことがない。

年寄りというのはなぜか他人の迷惑をあまり考えない人が多い。半分ボケてて頭が回らないのかもしれないが…。

平日のお昼時、松屋に訪れた俺は、60代くらいの食券機使えないマンに遭遇。案の定後ろには行列ができてしまっていた。狭い店内の入り口に6人くらい並んでたかな。

店員の「大丈夫ですかー?ご注文お伺いしますよー!」という呼びかけにもほぼ無反応のジジイ。

食券システムの松屋ではこういった光景が珍しくない。

ヒステリーババア

食券機使えないマンが行列を作っているさなか、店内は8割くらい客で埋まっており、2人しかいない店員さんは非常に忙しそうだった。

もちろん提供は通常時よりも大幅に遅れていた。ただでさえお昼時で混んでいる上に、食券機使えないマンの対応もしているのだから、仕方がない。

遅れていると言っても提供に何十分もかかるわけではない。誰も店員を責める人はいない…はずだった。

突然、カウンターに着席していた50代くらいと思われるババアが叫び出した。

婆「もういい!!お金返して!!早くお金返してーーー!!!!」

婆「何度も呼んでるのに!!返してちょうだい!!!!」

突然発狂しだしたババアに客たちの視線が奪われる。やべえ奴がいると察した店員さんがババアに謝る。

店員「申し訳ございません!すぐにお返しします!」

提供を中断し、ババアに謝りながら返金する店員さん。なんだこれ、かわいそすぎるだろ…。

ババアは満足そうに帰っていった。すげえ胸糞が悪くなった。今考えると俺が代わりに殴ってやってもよかったな。ニートだし。

安い外食チェーン店は底辺客地獄

松屋に限らず、安い外食チェーン店ってこういうやべえ底辺客がわんさかやってくる。これは避けられない。

他にもいろんな奴に遭遇したな。

  • 食べ方が汚すぎて両隣の席まで飯を飛ばしまくり、カウンターをグチャグチャにしていく奴
  • カウンター中の水を持参したペットボトルに補充しまくって帰る奴(これが一番マジキチだと思った)
  • いきなり牛丼に味噌汁を全部ぶっかける奴(まあこれは個人の自由だが…)

思い返してみると強烈だ。特に松屋はこういう客が多い気がする。駅前に必ずあるし24時間だからか、そういう客に目をつけられやすいのかな。

週に数回行くだけの客である俺がこんなに遭遇してるんだから、店員なんて毎日遭遇してるんだろうなやべえ客に。

本当に気の毒だと思うが、そんなところで働いてる自分が悪いとも言えるんだよな…。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする