3DSを任天堂に修理してもらう手順や日数、修理に出してみての所感

今年の3月末から7月くらいまで、だいたい寝てるかモンスターハンターダブルクロスをやっているかのどっちかというニートの鑑みたいな生活をしていたワイ。

普段はソロで村クエを消化し、ちゃんと働いている友人たちが休みの日は一緒に集会所のクエストを遊んでいた。

毎日遊びすぎていたせいか、だんだんと3DSの十字キーの左が効かなくなってしまってきていた。そして7月頃にはもうほぼ完全に十字キーの左は効かなくなってしまっていた。

モンハンは移動や攻撃に十字キーを使わないとはいえ、さすがに不便すぎて限界を感じた俺は、初めてゲーム機の修理依頼というものをしてみた。

任天堂の修理依頼フォームへアクセスし、料金を確認。

修理のご案内|サポート情報|Nintendo

俺の3DSはNew3DSLLなので、十字キーの故障は『3,240円~』とのこと。高いのか安いのかよくわからん。

まあ買い替える予定は全くないので、修理依頼フォームに必要事項を記入し、送信。

修理依頼の詳細ページを印刷し、家に転がってたAmazonのちっさい段ボールに3DSと紙をぶち込む。

郵便局に行き、ゆうパックで荷物を預ける。いくらかかったかは忘れた。

それから5日後、任天堂からメールが来る。

「お、もう修理終わったんかいな」と開いてみると、

「弊社製品をご愛用いただき、誠にありがとうございます。
任天堂株式会社 サービスセンターでございます。
お送りいただいた修理ご依頼品が到着し、修理受け付けをいたしました。」

え、おっそwwwww

しかしその2日後には、早くも「修理ご依頼品を出荷しました」とメールが来る。

ゆうパックの謎の到着の遅さにより思ってたよりも時間がかかったが、任天堂の修理自体はめちゃくちゃ早かった。

綺麗な梱包で返ってきた3DSの十字キーは完璧に直っており、修理も早く、ニート君は大変満足。

結果かかった修理費用は4,104円の代引きと、ゆうパック代。3,240円と4,104円の差は返却する郵送代かな?まあ全然おk。

3DSの調子が悪い人は気軽に任天堂に修理の依頼をするといいと思う。対応は非常に早いで。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする