スポンサーリンク

「windowsセキュリティシステムが破損しています」とかいう詐欺警告が出てくる原因と対策

最近PCでネットを見てると、このスクショ画像のような「windowsセキュリティシステムが破損しています」っていう詐欺警告がやたらと出てきてうざい。

特にエロサイトやまとめサイトなどを見てるときによく出てくる。最近では食べログを見てても出てきたから困る。

当然これは嘘で詐欺だ。

詐欺警告が出てくる原因

原因はまとめサイトなどによく掲載されている、審査や内容が緩めのクリック型広告のせい。らしい。

ああいう広告は、たくさんの広告主からランダム、もしくはユーザーごとに最適化された内容の広告が表示される。

そして、掲載しているまとめサイト側はもちろん、配信している広告代理店すら内容を把握しきれていない。

そのため、中にはこういった詐欺警告を強制的に表示させる不正なコードを仕込む広告主が出てくるという感じ。らしい。

詐欺警告が出てきたときの対策

詐欺警告が出てきたときの対策は、無視してブラウザのタブを閉じることだ。

タブが閉じれない場合は、ブラウザごと閉じる。×ボタンが押せない場合は、タスクマネージャーからぶった切ればOK。

詐欺警告が表示されてるだけの状態なら、PCには何の影響もないので、ご安心を。

詐欺警告に騙されるとどうなるのか

詐欺警告にまんまと騙され、誘導されるがままにポチポチとクリックしていってしまうとどうなるのか。

  • 購入やインストールを促す詐欺サイトに誘導される
  • ワンクリック詐欺系に飛ばされる
  • 変なソフト・アプリを仕込まれる
  • ウイルス・スパイウェアを仕込まれる
  • 個人情報・データを抜かれる

実際に騙されてはないので知らんが、概ねこんな感じのようだ。

「破損したシステムを直すにはこのツールをインストールしてください」とか、「お使いのパソコンはウイルスに感染しているのでこちらのセキュリティソフトを買ってください」とか、そんな感じの詐欺サイトに誘導され、上手く金を取られたり、変なソフトを仕込まれたりする。

あとは大胆にワンクリ詐欺に飛ばされたり、シンプルにウイルスを仕込まれたり個人情報を抜かれたりとか。

もしもお金を払っちゃったのなら、通報するくらいしかできることはないだろう。騙されて失ったお金や個人情報やPCデータが返ってくることはあまり期待できない。

ネットには昔から、「うそはうそであると見抜ける人でないと難しい」という格言があり、騙される方が悪いとまでは言わないが、自衛できない人はネットの利用に向いていない。

マイクロソフト公式の関連リンクを一応貼っておくので、困ってる人は参考にされたし。

ウイルスに感染しています ~そのメッセージ本物? – Microsoft

Windowsセキュリティシステムが破損していますWindows: Windows 8.1ご注意: – マイクロソフト コミュニティ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする