引きこもりニートがアフィリエイトで月3万円~5万円稼ぐ方法と始め方

バイトはしたくないけどお金は欲しいニートへ

ニートがみんな裕福な家庭の子なわけではない

ニートは比較的無欲な人間が多いが、それでもゲームや趣味のアイテムなど、欲しいものは多少出てくる。

そんなときママやパパが何でも買ってくれるならいいが、みんながみんなお金持ちの家で何不自由なくニートをしているわけではない。

むしろ厚生労働省の調査などから、ニートは裕福家庭の子より裕福でない家庭の子の方が多いという結果が出ている。

しかし絶対に外で働きたくはない、もしくは無能すぎて社会に出て働くことはできないが、家でできる金稼ぎがあればやりたいという引きこもりニートは多いだろう。

アフィリエイトでちょっと当てたニートが解説

そこでわりと真っ先に思い浮かぶのが、副業の定番であるアフィリエイトだと思う。

この記事では、無能な引きこもりニートでもオワコンのアフィリエイトでほんの少しお金を稼げる方法を少し長いが書いてみた。

ちなみに私は現役の引きこもりニートでありながら、過去にアフィリエイトでそこそこ稼いできた経験がある。

そのときの資産で今も余裕で一人暮らしニートをやれている人間なので、そこそこ説得力はあると思う。

本当にアフィリエイトじゃなきゃダメなのか?

アフィリエイトのやり方を書く前に、まず本当にアフィリエイトじゃなきゃダメなのかどうかを考えてほしい。

2020年現在、はっきり言って無名の個人によるアフィリエイトはかなりオワコンだ。

今からやるなら、正直YouTubeでゴミみたいな動画出してる方がまだ稼げると思う。

他にもTwitterでそれっぽい垢を作って有料noteを売ったり、クラウドソーシングやココナラで仕事したり、古来から定番の転売をしたり、在宅の小遣い稼ぎ方法はいろいろある。

今のアフィリエイト業界の現実については以前記事にしているので、ぜひ先に目を通してほしい。

それでも他の在宅ワークは嫌だ、アフィリエイトがいいと言う人だけ読み進めてほしい。

100万円は無理だが3万円~5万円はいける

WEBやIT未経験の引きこもりニートが、今から参入して月100万円オーバーは全く現実的じゃない。

アフィリエイトで一発当てる、人生逆転!みたいなのは諦めてほしい。

しかし月3万円とか5万円くらいなら今の厳しい環境であっても、正しい努力をして諦めなければ現実的に全然いけるラインである。

ジャンル・運・センス次第では、10万円や20万円も夢ではない。

が、実際にはほとんどの人が少しも稼げる前に挫折する。

なぜなら、アフィリエイトは軌道に乗るまでずっと報酬0だからだ。

たとえばアルバイトやクラウドソーシングなら、どんなに大変でも、どんなに低時給・低単価でも、働いた分の収入は必ず入る。

しかしアフィリエイトはそうはいかない。頑張りや労働時間は関係なく、結果が全て。

報酬が発生した経験のない人だと、売上0のまま誰にも見られることのない記事を毎日延々と書き続けることは難しい。

報酬が発生する前に心が折れ、諦めてしまうのだ。

諦めずにしつこく取り組める自信のある人だけ始めよう。

アフィリエイトを始める方法、流れ

アフィリエイトの始め方は、大雑把に以下のような流れだ。

アフィリエイトを始める流れ
  • STEP1
    やるジャンルと集客方法を決める

    アフィリエイトはジャンル選定が命。ここはしっかり考えて決める。集客方法はSEOかSNSかなどを考える。

  • STEP2
    ブログ・サイトを作る

    ドメインを取って、サーバーを借りて、WEBサイトを作って記事を書く。

  • STEP3
    アフィリエイト広告を貼る

    作ったサイトに広告を掲載し、その広告から購入・契約されれば成果が発生する。

アフィリエイトはジャンル選びが命

アフィリエイトはジャンル選定が命である。

どういうジャンルが存在するのかは、後述するASPのサイトで調べてほしい。

勝算のあるジャンルをやらないと、どんなに一生懸命やったところで、誰にも見られることなく1円も稼げることなく無駄に終わる。

たとえば男性なら車好きだから車系にしようとか、保険会社で働いてるから保険系にしようとか、こういうのは死亡フラグ。

女性なら美容頑張ってるから美容系やろうとか、ドラマが好きだからVODやろうとか、これもまあ死ぬパターン。

こういう稼げるジャンル、メジャーの中のメジャージャンルは半端じゃない激戦区であり、今更初心者に参入余地はない。

また、ジャンルが定まっていないゴチャ混ぜブログも稼ぐのはかなり難しい。

わかりやすい例として、当ブログがまさにゴチャ混ぜ系である。

こういうブログは趣味・日記としてやるならいいが、お金は全く稼げない。

じゃあどうすればいいのか?現実的にチャンスがあるパターンは3つ。

チャンスがあるパターン
  • メジャージャンルの狭いテーマをやる
  • 穴場ジャンルを見つける
  • 新規ジャンルにいち早く手をつける

メジャージャンルの中の狭いテーマ

ジャンル自体はメジャーなものでいいが、その中のテーマをなるべく絞って取り組むパターン。

これは弱小アフィリエイター王道の戦略である。

テーマが狭いと売上の天井が低いため、企業や強豪からしたらコスパが悪く無駄なので参入してきにくい。

月1000万以上稼いでるような人が、MAXで月10万しか成果が出ないようなテーマにわざわざリソースを割いて取り組んでは来ないというわけだ。

しかし月3万円や5万円が目標の人間なら、MAX10万円のテーマに取り組むこともできる。

サイトの専門性が高まり、広いテーマよりは検索順位を上げやすいというメリットもある。

ただし狭すぎても全く稼げないので、バランスが大事である。

穴場ジャンルを見つける

誰も目を付けてない穴場なジャンル・案件が見つかれば、チャンスである。

マイナーな趣味や悩みなどから出てきたりする。ASPであらゆる案件に目を通そう。

たまにびっくりするくらいマニアックな案件が見つかる。

ただし、記事の書き手にも専門性・マニアックさが求められる。

新規ジャンルにいち早く手をつける

アフィリエイトは新しいジャンルもどんどん出てくるので、そこにいち早く飛びつければ先駆者としてチャンスはある。

たとえばウーバーイーツや退職代行あたりは、ここ2年くらいで出てきた超新規ジャンルだ。

すぐに競争が激化するが、先行者利益が入れば美味しい。

アフィリエイトの集客方法を考える

一口にアフィリエイトと言っても、いろいろな集客方法がある。

最も定番なのがSEOと呼ばれる、検索エンジンで上位表示させてアクセスを集めるという方法。

狙ったキーワードで上位表示してしまえば、放っておいても狙った属性のアクセスがガンガン集まるためコスパ最強。

しかし何度も言っている通り、現在はSEOがかなり厳しい環境である。

SEO以外にはSNSからアクセスを集める方法、広告で集める方法などいろいろとある。

初心者におすすめなのは、SNSも使いつつ大して稼げない弱小キーワードを狙ったSEOかな。

ブログ・サイトを作る方法、流れ

無料のブログサービスでもアフィリエイト自体はできるが、無料ブログで稼ぐのは現実的ではない。

基本的には独自ドメインを取り、レンタルサーバーを借り、WordPressというサイト作成ツールをインストールし、サイトを作る。

王道のアフィリエイトサイト作りは、以下の流れになる。

ブログ・サイトの作り方
  • STEP1
    独自ドメインを取得する

    ドメインサービスに登録し、好きな文字列の独自ドメインを購入する。

    ドメインってなんだよって人は、各ドメインサービスやレンタルサーバーの公式サイトで詳しく解説されているので、そちらを参考にしてほしい。

  • STEP2
    レンタルサーバーを契約する

    サイトを設置するためのサーバーを、レンタルサーバー屋から借りる。

    昨今のレンタルサーバーは非常にわかりやすいので、アホでも簡単にサイトを作ることができる。

  • STEP3
    WordPressをインストールする

    世界一メジャーなサイト作成ソフトであるWordPressをインストールする。

    基本的にはレンタルサーバー側の機能で簡単にインストール可能。

  • STEP4
    ひたすら記事を作る

    サイトを設置するところまでいったら、あとはひたすら良質な記事を書いてアクセスを増やす。

    サイト用にSNSアカウントを作り、SNSからのアクセスを狙ったりブランディングするのも大事。

独自ドメインはお名前.com以外で取れ

ドメインというのは、サイトのURLにあたる部分で、サイトの住所と例えられる。

自分だけの独自ドメインを取得する場所(サービス)だが、「お名前.com」以外ならだいたいどこでもいい。

お名前.comだけは飛び抜けて評判が悪いし私も大嫌いなので、やめておけとしか言えない。

お名前.comの悪事悪評については、調べればたくさん出てくる。

後述するレンタルサーバーでロリポップを使うなら「ムームードメイン」を、スターサーバーを使うなら「スタードメイン」を利用すれば、系列が同じになりやりやすい。

レンタルサーバーは格安で十分

レンタルサーバーは独自ドメインを利用してサイトを作るために必要なもので、サイトを設置するための土地と例えられる。

初心者ならレンタルサーバーは月額数百円の格安のもので十分だ。

巷のブロガーたちは「ConoHa WING」や「エックスサーバー」あたりの月額1,000~2,000円くらいのレンタルサーバーばかりおすすめしている。

たしかに優良サーバーではあるが、これから初めて取り組むというド初心者にそんなハイスペックサーバーが必要か?というと、そんなことは決してない。

特にConoHaなんかはアフィリエイト報酬が高額だからゴリ押しされているだけだと思われるので、注意してほしい。

格安レンタルサーバーなら、「ロリポップ」というところが国内シェアNo.1でド定番。

月額500円程度と安く、そして使いやすい。昔は重い遅いと言われていたが、今は高速で軽快。

もちろん性能は十分だし、機能も今時のものはだいたい導入されていて、初心者向け。

ロリポップはGMO系列なので、宗教上の理由で使えないって人はいると思う。

そういう人にはちょっとマイナーだけど、「スターサーバー」もいいぞ。

同系列サービスのスタードメインも利用することで割引が効き、ロリポップよりもさらに安い月額400円程度で済む。

性能も機能。ただしマイナーなので口コミや情報は少ない。

WordPressのテンプレートは無料で十分

WordPress (ワードプレス) は、シンプルなブログから高機能なサイトまで作ることができるオープンソースのソフトウェア。世界中のWEBサイトの35%がWordPressで作られている。

WordPress自体の利用は無料だが、そのテンプレートは無料のものと有料のものがある。

初心者なら、WordPressのテンプレートは無料のもので十分だ。

巷のブロガーやツルハシ屋は1万円とかする有料テンプレートをやたら勧めてくるが、あれは金儲けのための宣伝であり、初心者には必要ない。

無料なのに有料以上の使いやすさと機能を誇る「Cocoon」というテンプレート一択でいい。このブログのテンプレートもCocoonだ。

Cocoonにできなくて有料テーマにしかできない重要な機能なんてほとんどない。

報酬0なのに有料テンプレートを買うなんて養分である。

レンタルサーバーやWordPressは敷居が高いよって人

今はレンタルサーバーを借りて自分で1からサイトを作った方がいいのは間違いない。

しかしそれはどうしても敷居が高く感じて、躊躇してしまうという人もいるだろう。

そんな人は、「はてなブログ」というブログサービスの有料版「はてなブログPro」を利用するのも一応あり。

無料版だと独自ドメインが設定できないし、広告も好きにつけることができないので、有料版一択だ。

他の無料ブログサービスはアフィリエイト目的だと論外。

記事・文章の書き方

ブログやサイトを作ったことのない人は、記事の書き方がわからないと思う。

アフィリエイト記事の具体的な書き方は、後述する各ASPのサイトで詳しく解説されているので、しっかり目を通そう。

「文章の書き方」に関しては、書籍で学ぶことをおすすめする。

実際に私が初心者の頃に購入して勉強した本の一つを紹介しておく。

非常に評判が良く読みやすい本なので、初心者でも無理なく読み進めることができる。

アフィリエイト広告の掲載方法

サイトが完成したら記事を書き、アフィリエイト広告を掲載する。

まずは、広告主とサイト(アフィリエイター)を繋げる、アフィリエイトサービスプロパイダー、通称ASPに登録する必要がある。

具体的な広告主との提携方法やリンクの貼り方は各ASPのサイトでわかりやすく解説されているので、そちらを参考にしてほしい。

各ASPのサイトでは初心者向けに、業界のルールや記事の作り方なども解説されている。

とりあえず一番最初は業界最大手ASPの「A8.net」と、定番アフィであるAmazonや楽天の広告を簡単に掲載できる、個人向けASPの「もしもアフィリエイト」に登録しておけば間違いない。

よくある「アフィリエイトの始め方」系のサイトや記事では、「afb(旧アフィリエイトB)」を初心者に最もおすすめとして紹介しているところが多いが、正直A8でいい。afbにあってA8にないものはほとんどないし。

それにafbは近年業界内での評判が良くなく、実際にクソな点が目立っている。私も嫌い。

クリック広告(Google AdSense)について

アフィリエイト広告とは別に、クリック保証広告というものが存在する。

ユーザーの行動履歴やサイト・記事のジャンルに合わせて適切な広告を自動的に表示してくれる便利な広告である。

これはアフィリエイト広告とは違い、飛んだ先で購入や契約に至らなくても、クリックされるだけで数円~数十円程度の報酬が必ず貰える。

(飛んだ先で購入や契約に至った方が単価が上がるので、成約するに越したことはない)

「Google AdSense」は、Googleが運営する最も定番で高単価のクリック保証広告だ。

提携には審査があるので、サイトを作ってまともな質の記事をある程度の数公開したあとに登録しよう。

ちなみに今の環境でアドセンスで大きく稼ぐのは無理ゲーなので、おまけくらいに考えた方がよい。

Google AdSenseに関してはこちらの本が非常に参考になるので、初心者にはおすすめできる。

他にもGoogle AdSenseの本はいろいろあるが、どれも少し古いので注意してほしい。

アフィリエイトの始め方の流れとしては以上となる。

情報商材や変なツールを買うな、オンラインサロンに入るな

  • 情報商材(有料note含む)や怪しいツールは買うな
  • アフィリエイトの塾やオンラインサロンにも入るな
  • 景気の良さそうことばかり言ってるツルハシ屋を参考にするな

これらは本当に肝に銘じてほしい。

情報商材や変なツールを買ったり、塾やサロンで教えを請わないと何したらいいか全くわかんないって人は、はっきり言って向いてないからアフィリエイトはやめておいた方がいい。

これは意地悪で言っているわけではない。

今はこういった情弱狩りの沼にハマる初心者があまりにも多すぎるのだ。

言い方は悪いかもしれないが、アフィリエイトは情弱に物を買わせる商売なのに、自分が情弱なんじゃ厳しい。

1年間やって0だったら諦めた方がいいかも

1年間本気で頑張ったけど成果が全く出なかったら、さすがに諦めた方がいいかもしれない。

人には向き不向きがある。アフィリエイトには向いてなかったのだ。スパッと切り替えて他の稼ぎ方を考えてみた方がいい。

今までの自分の努力を捨てるのは辛いと思うが、諦めきれずにツルハシ屋の有料noteを漁ったりセミナーに通ったりオンラインサロンに入ったりしても養分になるだけで、今後稼げるようになる可能性は低い。

もし1年後に月1万円でも報酬が出ているのなら、もう少し続ければいっきに伸びる可能性はまだある。

何事も0→1にするまでが最も大変で、1→10にする方が簡単だからだ。

アフィリエイトは想像以上に時間のかかるものだというのは理解してほしい。

我ながら正直なツルハシ記事になった

ツルハシ屋をディスっておいてなんだが、この記事もまあツルハシ記事だ。

報酬は安いが格安サーバーのアフィリエイトリンクなどを貼らせてもらっている。

でも我ながらかなり正直で優良なツルハシ記事になったと思う。

有料noteにも有料テンプレートにも高額報酬サーバーにもメルマガにも誘導してないし。

ともかく、しばらくは諦めないで一生懸命記事を書くしかないので、がんばれ。

月3万や5万くらいなら、今のオワコン環境でも現実的に全然いけるはずだ。

タイトルとURLをコピーしました