スポンサーリンク

【スマブラSP】初心者におすすめのキャラ、クラウドでVIPに行く方法

以前、「格ゲー苦手のおっさん初心者が2ヶ月で逆VIPからVIP部屋までいった方法」を書いた。

【スマブラSP】初心者のおっさんが逆VIPからVIP部屋まで2ヶ月でいった方法
おっさんがスマブラを約15年ぶりに買ってみた結果今スマブラSPが熱い。2019年12月末時点で、世界で1768万本、国内でも422万本以上売れていて、2020年現在もまだまだ世界中で売れている。YouTub...

今回はさらに具体的な内容として、私が初めてVIPにいけた「クラウド」というキャラのみに絞って解説したいと思う。

このクラウドというキャラ、安定感はないがコンボや難しい操作が必要なく、火力が高くて壊れ技を持っているという、初心者には比較的おすすめのキャラだ。

プロスマブラーのライト氏やあばだんご氏もクラウドは初心者におすすめと太鼓判を押している。

ちなみに現在の私のクラウドの実力を言っておくと、VIP安定で10連勝前後くらいならちょこちょこでき、ネット配信で見るような強い人とマッチングすると手も足も出ずボコボコに3タテされるレベル。

プロもしくはプロレベルの人によるクラウド解説は他所でいくつかあるが、初心者に距離の近い人間による解説にも需要があると思うので、書いてみた。

後半にはわかりやすいように具体的なテクニックの動画も、自分のリプレイから切り抜いて用意してみた。

スポンサーリンク

クラウドの特徴

クラウドの強み

クラウドの強みはざっくり言って以下の4つ。

  1. B技が強い
  2. リーチが長い
  3. 地上の動きが速い
  4. 難しい操作やコンボがない

なんといってもB技の優秀さである。

横Bの凶斬りと上Bのクライムハザードは高火力で判定も強く、発生が早くて隙もあまりないという強さ。

特に上Bはぶっ壊れ技と言っていいだろう。クラウドのシールドから即座に上Bを放ついわゆる「ガーキャン上B」の強さは有名。

もっと雑に暴れや崖狩りや対空で適当にぶっぱなしても強いし、上Bの後隙を上Bで誤魔化せるというめちゃくちゃな技。

横Bも一段・二段止めを意識すると本当に強い。リミット時はメインバースト技に。崖外・崖下までガンガン出て行ってぶち当てることも可能。

クラウドはその技や性質上、オフラインよりもオンラインの方が強みを活かせる。

野良オンライン対戦の低レート帯では、上記2つのB技を適当に振っているだけでかなり勝てる。マジで。

他にも、各種攻撃のリーチの長さ、ダッシュなど地上での速さ、難しいコンボを必要としないという点もクラウドの強み。

クラウドの弱み

クラウドの弱点は大きく分けて3つ。

  1. 復帰があまりにも弱すぎる
  2. 掴み・投げが弱すぎる
  3. 技の多くが大振りで発生が遅い

復帰の弱さは言うまでもない。

横方向への復帰手段無し、上方向への復帰は距離が短いし一直線だし頭出るしでよわよわ。

全キャラ中でもシモリヒ、ドクマリ、マックあたりと並んで最弱レベルの弱さと言っていい。

崖外で軽く小突かれただけで基本的には帰ってこれないし、崖際中%で強めの攻撃をくらってもだいたい帰ってこれません。

掴み・投げが弱いのもわりと致命的。

リーチないわコンボないわバーストできないわでよわよわ。

掴みが弱いということはつまり、対クラウドはシールド多めで安定ってこと。投げられてもバーストに繋げられることはほとんどないからね。

高%時の投げ崖外出し→ダッシュリミット凶斬りとかは強いけど、上手い人にはどうせ刺さらない。

それでも掴みは入れないと崩せないから使わなきゃいけないんだけどね…。

空前や各種スマッシュなど、大振りで発生が遅く、隙のある技が多いというのも弱み。

相手からしたら見てからガードして反確余裕である。ルキナやジョーカーにガードされて横スマ撃たれて何度死んだことか。

リスクなく振れる技と言ったら、SJ先端空後とか一段止め凶斬りくらいかな?他は適当に振ると危ない。

まとめると、クラウドはガードを固められて待たれたり、復帰阻止にしっかり来られたら何もできず無様に死ぬ。

強みよりも弱みが致命的で、上位プレイヤーでも大会などで安定しないため、クラウドの評価・キャラランクは日に日に下がっている。

発売して2~3ヶ月くらいまでは上位キャラ・厨キャラ・Sランクキャラ扱いされることが多かったが、今ではすっかりB~Aランクの中堅下位~中堅という評価。

不利キャラも多く、VIPに行けても安定感は低い。相手がクラウドを分かっている人だと厳しい。私自身、相手がクラウドだと処理しやすいので全く怖くないし勝率も高い。

人気もだいぶ落ちて、前はあんなに大量にいたクラウドがオンラインではもう全然見ない。悲しいなあ。

でも、クラウドが初心者にとってとりあえずVIP入りを目指すには良いキャラだと思う。使いやすくてオンで強いから。

クラウドの基本的な立ち回り

クラウドの基本的な立ち回りとしては以下のような感じ。

  1. 中くらいの適度な距離の間合いを維持しつつ
  2. 空前、空後、横B(凶斬り)らへんを主軸に差し込み
  3. ガーキャン上Bなどの反確でも%をしっかり稼ぎ
  4. リミット技、空後、DA、各種スマッシュらへんでバーストを狙っていく

という流れが基本となる。

一発一発の火力が高めなので、ダメージは稼ぎやすい。

定番差し込みの空前空後、上強空上でのお手玉、とにかく強い横B上B、地味に撒かれるとうざいNB、どれも強い。

低%でのみ確定する基本コンボとしては、空前→凶斬り、空後→凶斬り、空N→凶斬りなどがある。

細かいコツやテクはいろいろとある(後述)が、初心者の場合は空前と横Bを通す、リミット技を当てる、空後も振る、ガーキャンで上Bを擦る、ジャンプを残すといったことが大事。

他には、こまめにリミットチャージを行うがむやみには溜めきらないというリミットゲージの管理も重要

これは、いざという時にリミット凶斬りや画竜点睛で逆転したり、リミット上Bで復帰できるようにするため。

…と言ってもこれは教科書的な立ち回りであって、実際はVIP未満でこのような基本に忠実な立ち回りができているクラウドはあまりいない。

ゼルダのごとくB技しか使わないとか、ガノンのごとくスマッシュ連打してるだけなど、めちゃくちゃな立ち回りでもVIP未満では普通に勝ててしまうし、その方が思考停止して試合ができて楽なのだ。

リミット技以外は本当に上Bだけしか使わない、A技を一切使わないクラウドにVIP手前で遭遇したこともあるし。あれはさすがに笑ったけど。

かくいう私もVIP手前でなかなか上がりきれずにいた頃は、上B差し込みをしちゃう癖がなかなか取れなくて醜い立ち回りだった。

反確・対空・ジャンプ読みじゃない地上の普通の差し込みに上Bをやたら使うのは、典型的な下手糞キッズクラウドの証である。

まずは基本に忠実な立ち回りができるように意識しよう。

クラウドのバースト・撃墜手段

クラウドのメインとなるバースト手段は、リミット技と空後とDAと各種スマッシュ。

Ver7より前の頃は主なバースト技はリミット凶斬りと空後くらいしかなかったが、アプデ強化によりDAと上スマが追加された。

リミット凶斬りは地上でも空中でも崖外でもしっかり当てられるようにしよう。

空後は相手の崖上がりで狩ったり、ジャンプ読みで当てたり、対空で追っかけて当てたり、バーストの狙いどころが多い。

相手がデカい後隙を晒したら横スマや画竜点睛。対空やガーキャンでは上スマ。崖にはアプデDA。

もっと細かく%ごとに分けると、バースト可能技はだいたい以下のような感じ。

クラウドのバースト技

50%くらい~→リミット下B(画竜点睛)

80%くらい~ →横スマ

100%くらい~ →リミット横B、上スマ

110%くらい~ →リミットNB、空後、DA

120%くらい~ →リミット上B、下スマ

130%くらい~ →空前、空上、空下、横強

もちろん撃墜%は相手キャラの重量やステージの場所、OPやほかほかなど各種補正にもよるので、大まかな目安までに。

100%未満の早期撃墜を狙うなら、崖外でリミット技や空後を当てるか、崖際で横スマを当てるか、メテオか、画竜点睛で。

クラウドは空前・空下・上Bとメテオが3種類もあり、比較的決めやすいキャラだと思うので、メテオは積極的に狙うべき。

画竜点睛は降り空上などのコンボに組み込むのはかなり難しいが、普通に着地狩りで当てるのは結構簡単。

と言っても初心者には難しいと思うので、しばらくは考えなくていいかな。対戦相手のクラウドに決められたこともほとんどないし。

ちなみに200%くらいでもバーストできてない場合、一応下投げでもバーストが見えてくる。ほとんど使う場面はないが。

あと一応解説しておくと、リミットNBは空中で当てるよりも地上で当てた方がふっとぶ。

2020/1/31追記:Ver7.0のアプデによりクラウドが強化。DAと上スマの撃墜力が上がった。

クラウドはバ難キャラ?

クラウドはしばしばバ難(相手をバーストするのが困難である)キャラと言われる。

たしかにクラウドは100%くらいで気軽にバーストできる手段はないし、空後のOPがかかりまくってなかなか撃墜できない。

バ易キャラを使った後にクラウドを使うと「なんだこのバ難キャラは…」って正直思う。

でもまあOP管理をちゃんとしてればリミット凶斬りが強いから、バ普くらいじゃないかな。

2020/1/31追記:Ver7.0のアプデによりクラウドの撃墜力がかなり上がったため、バ易と言っていいレベルになったかも。

クラウドで勝つための細かいテクニック

ここからはクラウドで実践したい細かいテクニックを書いておく。

意識してやっているか感覚でやっているかは人それぞれだが、VIPのクラウドならだいたいはできていること。トレモで練習しよう。

クラウドの細かいテクニック

  • 空前空後などの各攻撃を剣の先端で当てる意識
  • 凶斬りは一段止めか二段止めで読み合いをする
  • 空前は急降下を入れたり入れなかったり引きながら振ったりする
  • ショートジャンプや反転、ディレイをかけたりいろんな空後を出せるようにする
  • ダッシュ反転空後とその場反転空後を速く的確に出せるようにする
  • 相手の崖上がりの読み合いをちゃんとやる(ジャンプ読み空後とか)
  • 相手の復帰に合わせて空前・空下のメテオを入れる
  • 崖奪い空後(空N)を決められるようにする
  • 崖際反転上Bメテオを狙ってみる
  • 上B道連れができるときは狙う(一発逆転可能)
  • バースト狙いですべり横強も使う(OPかかりにくくて意外と強い)
  • 崖外まで行ってリミット凶斬りの復帰阻止を決める
  • ガード漏れを狙ったショートジャンプリミット凶斬りも使う
  • 空Nなどの復帰阻止ができるときは狙う(後ろ向きだと範囲がちょっと広い)
  • いろんなパターンの復帰方法を使う(NBで復帰阻止を阻止したりも必須)
  • 空中回避を見てからの着地狩りで横スマや画竜点睛の最大リターンを決める
  • 空中で反転したりジャンプや回避を見て(誘って)からリミット凶斬りを当てる

わかりやすい例として、自分のリプレイ動画から切り抜いた「リミット技での復帰阻止」と「素早いダッシュ反転空後」の動画を載せておく。

どれもVIP直前のレート帯のオンライン対戦でのシーン。

このようなリミット凶斬りを使ったテクい復帰阻止は、クラウドの大きな強み。

リミットが溜まっているときはガンガン崖外に出ていこう。

空N復帰阻止を狙ったけどはずれたのでリミット上Bでバースト。

リミット上Bは復帰だけでなく、撃墜手段としても有用。

空前メテオとちょいダッシュSJ反転空後。

クラウドはダッシュが速く、空後の発生・範囲・火力も優秀なので、このような素早い反転空後ができるようになると露骨に勝率が上がる。

各テクニックのやり方までは一つ一つ文章で解説していたら大変なことになってしまうしわかりにくいので、YouTubeで検索して解説動画を見て学ぶのをおすすめする。

余談だが、その場回避をやたらしてくる相手には多段技である横スマやリミット凶斬りが気持ちよく刺さるので、クラウドだとわりとカモりやすい。

たとえばガノンとかスマッシュを空振ったあと高確率でその場回避を擦ってくるから、ガードや回避をしたら一瞬だけホールドかディレイをかけて横スマをぶっ放してみると気持ちいいことになるのでおすすめ。

各レート帯でクラウドで勝つ具体的な流れ

戦闘力VIP-300万未満くらいまでのレート帯

戦闘力がVIPボーダーマイナス300万くらいまでのガチ初心者レート帯は、凶斬り(横B)、クラウムハザード(上B)、空前あたりを適当に振りまくり、%を稼いだらリミット技か横スマをぶっぱなせばOK。

低%だと空前→凶斬りが確定で繋がることが多く、30~40%くらい稼げるのでそれくらいはできた方がいいかな。他の余計なテクや技は全然考えなくても勝てちゃうレート帯。

クラウドは空後がめちゃくちゃ強いので普通は空後をブンブン振りまくるものなのだが、VIPボーダー未満の初心者クラウドはびっくりするくらい空後を振らない。振れないと言うべきか。そのかわりなぜか横スマを狂ったように振りまくる。

戦闘力VIP-300万から-50万くらいまでのレート帯

このあたりのレート帯はじょじょに強い人が増えてきて、めちゃくちゃな立ち回りでは勝てなくなってくる。

ステップ、ガード、回避を的確に使うこと、掴みを入れて空前やDAを通しやすくすること、ワンパターン行動をやめること、リミットゲージ管理(ギリギリ溜めきらないようにするとか)をしっかりするなどの意識が必要。

空後もブンブン振ってしっかり当てていき、メインバースト択としていく必要がある。リミット技とスマッシュでしかバーストできないようだとバ難。

戦闘力VIP-50万くらいからVIP入りまでのレート帯

戦闘力の変動幅が小さくなり、VIP入りを賭けた熾烈な争いに突入するいわゆる「VIPボーダー帯」では、対戦相手のレベルがいっきに高くなる。

大振りで反撃をくらいやすくて復帰弱者というクラウドの弱点を的確に突かれてしまうので、適当に強い技を押し付けていく雑な立ち回りではなかなか勝てない。

適当な空前や凶斬りやクライムハザードは反確をくらいまくってボコられるし、ぶっぱのリミット技なんて全然当たらない。考えて当てていこう。

先ほど解説した細かいテクニックをなるべく見につけて、実戦で使えるようにしたい。

クラウドの不利キャラ

このゲームは比較的キャラ性能のバランスが良いみたいだが、それでもどうしても相性はある。

クラウドから見て不利とよく言われる定番キャラ

  • シュルク
  • バンジョー&カズーイ
  • ジョーカー
  • ドンキー
  • シモン(リヒター)

他にもロボット、クッパ、ルキナ、ゲッコウガ、イカ、ピットあたりが不利と考える人は多いようだ。

私も上記のキャラたちはだいたいクラウドが微不利~不利だと思う。

特に対シュルクとバンジョーは最不利と評判。私もマッチングした瞬間に半分諦めるレベル。

まずシュルクだが、クラウドの売りであるリーチで負けている。そしてモナドである。

斬で%を稼がれ、撃でサクッとバーストされ、疾と翔で簡単に復帰阻止され、何より盾でリミットを拒否される。

最大火力の横スマすら、多段ヒットなので当たってから盾を割り込まれてバースト拒否されるという酷さ。

バンジョー&カズーイはウンポイに対して何もできないので詰み。某クラウドの有名プレイヤーも「クラウドでバンカズは無理なので他キャラ使いましょう」と言ってた。

ジョーカーは立ち回り、復帰阻止、着地狩りが強くてクラウドはだいぶ厳しい。ガン一発で戻ってこれなくなるのがなかなかきつい。アルセーヌ出勤時なんか手も足も出ない。

しかしジョーカーは使いこなすのがとても難しく、少なくともVIP未満でジョーカーをまともに使えてる人はあまりいないので、VIP未満での対ジョーカーの勝率は高かった。なおVIPではボコボコにされている模様。

ドンキーもなかなか泣ける。ドンキーは相手を掴んだ状態で歩行でき、ゴリダンと呼ばれる崖外への放り投げシュートができるからだ。

崖の内側にぶつけるパターンと崖の外側にぶん投げるパターンがあり、こちらの%によって読み合いになることも。

これをクラウドがくらうと、中%でだいたい死ぬ。レバガチャをサボればへたすると0%でも死ぬ。復帰弱者であるクラウドとはだいぶ相性が悪い。

↓参考動画(ちなみにクラウド側はプロゲーマー)

動画とは別のとあるクラウド使いのプロプレイヤーでも、ドンキーにだけは別キャラを出すと言っていたほどである。

全力で掴みを拒否すれば立ち回り自体は有利なので、シュルクやジョーカーよりは全然マシかな。

シュルク、バンカズ、ジョーカーあたりは満場一致でクラウド不利と言われているが、ドンキーはクラウド有利と考える人も結構いる。

シモリヒは地上は聖水とクロスを撒かれて接近できないし、空中から行こうとするとその軌道には斧が投げられるため、クラウドのターンに持っていくのが大変。

頑張って対策して戦う努力はもちろん必要なのだが、それでもプレイヤースキルが同等以上だと不利キャラにはなかなか勝てない。負けても仕方ないと思うようにして、心穏やかでいよう。

この辺の不利・微不利キャラをクラウドで突破するコツは、ガン攻めごり押しだと個人的には考えてる。やられる前にやる。

最後に、クラウドの有名プレイヤーまさし氏が作成したクラウドの相性表ツイートを貼っておく。

クラウドの有利キャラ

逆にクラウドが有利なキャラももちろんいる。

おそらく全員一致の意見として、カービィとプリンはガン有利。

マック、ガオガエン、アイクラ、ゲムヲ、クルールあたりも有利かなあ。

他にも有利とまでは言えるか微妙だが、ピチデ、スネーク、ゼロサム、ワリオ、パルテナなどの上位キャラとわりと戦えるのもクラウドの良いところ。

クラウドは使ってて楽しい!

つらつらと書いてきたが、何よりも伝えたいのは「クラウドを使いこなせると楽しい!」ということ。

崖外でリミット凶斬りを当てて勝った瞬間の気持ち良さは異常だし、メテオや空後や画竜点睛も気持ち良い。こんなに爽快感のあるキャラは個人的には他にいない。

そして復帰阻止でサクッと負けて、なんやこのクソ雑魚キャラは!ってなるまでがお約束。

クラウドの評価は日に日に下がっているが、VIPに行くのが目標というレベルならB技の強いクラウドはわりとお手軽キャラな部類だと思うので、ぜひ使い込んでみてほしい。

タイトルとURLをコピーしました