【バレあり】劇場版ルパンレンジャーVSパトレンジャー、戦隊映画至上最高レベルだった

特撮オタクなので、毎年恒例仮面ライダーと戦隊の夏の劇場版を見に行ってきた。

せっかくなので日記として軽くレビューしておく。

この「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film」、本当に最高だった。

戦闘シーン・アクションシーンがすごすぎ

まず最初から大スクリーンでのハイレベルなアクションシーンがすごい。

本編でもアクションのレベルが高く、カメラワークもすごくて最高なのだが、劇場版ではさらに気合が入っている。

ちょっとした出なかったノエルのアクロバット戦闘も相変わらず良かったし、敵の強さを表現するためにすぐやられるのも良かった。

魁利と圭一郎が敵アジトに乗り込んでからの生身アクションも熱かったなあ。テンポも良いし。

ルパンレッド(魁利)とパトレン1号(圭一郎)の会話シーン

異世界での魁利と圭一郎の会話シーンも良かったよ…。

今後の本編の展開も熱いものになりそうだなあ。

全員同時変身と共闘がベタだが燃える

この映画の目玉であると思われる、怪盗と警察の同時変身と共闘。ベタだがこんなの燃えるに決まってるよなあ。

そして期待に完璧に応えてくれるアクションとまさかのトリコロール。

CGによるロボ戦シーンがすごすぎ

フルCGのロボ戦がかっこよすぎた(語彙力)

特にルパンレックスかっこよすぎ。CGぬるぬるすぎ動きすぎ。

月と夜景をバックに同時切りでトドメを決める二大ロボ(とWレッド)最高だった…。

やはり30分は短い…

こんなに30分が短いと感じた戦隊映画はなかったよ。

1時間あればもう少し探偵と怪盗、探偵と警察、残った怪盗と警察の絡みなんかをしっかり見れただろうな。

本編の評価はまだできないが、戦隊映画としては最高レベルだったのではないだろうか。

本編の展開もめちゃくちゃ期待している。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする