【映画】劇場版仮面ライダービルド、正直微妙だった【バレあり】

特撮オタクなので、毎年恒例仮面ライダーと戦隊の夏の劇場版を見に行ってきた。

せっかくなので日記として軽くレビューしておく。

あくまで俺個人の感想なので、ビルドファンは気分を害さないでほしい。

個人的には正直良くなかった

まず最初に言うと、劇場版ビルド、個人的には良くなかった。

全体的にテレビ版レベルの話をちょっと長めに見せられただけって感じだったかな。むしろ戦闘や燃えの観点ではテレビ版以下。

まあ予告の段階で内容が丸分かりだったので正直そんなに期待していなかったが、やはり微妙だった。

前回の平成ジェネレーションズFINALが良かったから余計になあ。

ここが良かったよ劇場版ビルド

グリスとローグの後半の戦闘シーン

後半のグリスとローグが幹部を撃破する戦闘シーンは良かったね。

ツインブレイカーをがっつり使って倒すグリスにデスロールキックで本気を出すローグ。かっこよかった。

ヒゲとポテトのギャグシーン

基本的にライダーにコメディ要素やギャグシーンはいらないと考えている俺だが、内海に土下座してベルトを取り戻すシーンでのヒゲとポテトの掛け合いは不覚にもワロタ。

劇場内でもドッと笑いが起きたシーンだった。

エボルトとブラッドの対峙シーン

雨の中エボルトとブラッドがじっと対峙するシーンはなんか知らんがすげえかっこよかった。

ここが微妙だったよ劇場版ビルド

普通の戦闘シーン少ない&しょぼい

せんとくんの葛藤シーンと市民から逃げるシーンばかりで、最終決戦以外の戦闘が少なすぎたししょぼかった。

ジーニアス対ブラッドもすげえしょぼかったし。戦闘開始直後にふわぁと浮いてふわぁと降りてくるのとか謎だしw

クローズビルドフォーム登場シーン

クローズビルドフォームに変身するシーンとその直後あたりのシーン。

これは賛否両論別れるところだと思うが、俺はコメディな感じに「あの予告でこの感じかー…」とちょっとガッカリした。

普通にかっこよく決めてほしかったかな。

最終決戦見づらすぎ

クローズビルドフォーム対ブラッド見づらすぎな。

何してるのか全然わからんかったし全然燃えなかった。

万丈の物語がなさすぎた

せんとくんばっかりで万丈の描写というか物語がなさすぎた。

二人の絆とかで感動する要素や燃える要素はなかった。

まあ夏映画ってこんなもんだよね

まあライダーの夏映画って毎年だいたいこんなもんだ。

たまに当たり映画があるって感じ。1期で言うと龍騎やファイズ、2期ならWやドライブが個人的当たりかな。

平ジェネファイナルはめちゃくちゃ良かったので、平成ジェネレーションズフォーエバーに期待。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする