スポンサーリンク

定期的に満員電車に乗るとニートや引きこもりの素晴らしさを再確認できるからおすすめ

満員電車とかいう地獄過ぎる空間

俺はニートなので通勤電車に乗ることがない。

しかもニートのくせに、しかも都内住みのくせにマイカーを持っているので、移動するとしても基本は車。

なので渋滞に遭うことはあっても、都内近郊特有のあの地獄の満員電車は普段味わうことがない。

しかし、たまーーーになんかの用事で、都心の満員電車に乗ることがある。

飲み会で車が使えないとか、車を停められない場所に行かなきゃいけないとか、そんな用事がたまーーーにあるのだ。

中野区に住んでいるので、山手線、中央線、東西線のいずれかはだいたい避けられない。

となると、まあ満員電車だ。東西線とか確か日本一混雑する路線だし。

朝でも夕方でも夜でも恐ろしいほどに満員。昼間だけ耐えられるレベルだけど、それでもかなり苦痛。

大量の他人とぶつかり、くさい臭いを嗅ぎ、必死につり革にしがみつく。

さらにはしょっちゅう人身事故で遅延したり別の電車で迂回させられたり、痴漢冤罪にも怯えなきゃならない。

タイミングによってはゲロを吐き出す酔っ払い、異臭を放つ奴(壊死ニキみたいな奴)、緊張感溢れるガタイの良い知的障害者、なんか発狂してる奴、突然キレだすDQNなどなど、容赦なく遭遇する。

満員電車、本当に地獄のような空間だ…。

しかし、都心の満員電車にたまに乗ることは、ニートに限っては一個だけ良い効果がある。

それはタイトルの通り、ニートであることの素晴らしさを再確認できることだ。

人は良い環境にも悪い環境にも慣れてしまう

毎日毎日満員電車に乗ってる人たちは、もう半分くらい辛さが麻痺していると思う。

フリーターだった頃に俺も日常的に満員電車に乗っていたが、あの頃は感覚が麻痺していて全然平気だった。

車も持ってなかったし、子供の頃から満員電車が当たり前のものだったし。

良くも悪くも人は環境に慣れてしまうんだ。

そして、ニートはニートであることに慣れてしまう。

満員電車に乗らなくていい生活、好きな時間に寝て起きていい生活、人間関係のストレスがない生活…そんな普通じゃない幸せな環境にも慣れてしまい、当たり前になってしまう。

そんなとき、たまに満員電車に乗ってみてほしい。

ニートという環境の素晴らしさを再認識することができ、「絶対に就職しない(できない)」と改めて強く心に誓うことができる。

満員電車に乗った日とその次の日くらいはすごいハッピーな気持ちでいられるからマジおすすめ。

通勤ラッシュの時間帯に駅前に冷やかしに行ってゆっくり逆走して帰ったり、階層高めのマンションに住んでいる人なら朝の時間帯に上からみんなを眺めてるだけでも効果あるから、合わせておすすめだ。

おまけ

目的は違うけど、5ch(旧2ch)ではニートがスーツを着て通勤電車に乗るという定番ネタがある。

参考URL:ニートだけどスーツ着て電車で出勤ごっこするの楽しすぎワロタwwww :マジキチ速報|2ちゃんねるまとめブログ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする